治療方法について

◆TOP > 治療方法について

治療方法について

黄斑疾患の治療は以下の種類があります。

抗VEGF抗体療法
加齢黄斑変性症の主な治療法のひとつです。
VEGF(血管内皮増殖因子)を阻害する薬剤を眼の中に注射することで、原因である新生血管の増殖・成長を抑えます。
治療は数分で終わるので比較的患者様の精神的・身体的負担が少ない治療方法です。
光線力学療法(PDT)
加齢黄斑変性症の主な治療法のひとつです。
光に反応する「ビスダイン」薬剤を腕に注射後、薬剤が網膜の変性部に集まったところ(網膜の痛んだところ)にレーザー光を照射する方法です。
レーザー光凝固術
新生血管をレーザー光で焼き固める治療法です。
硝子体手術
病気に応じた処置を行います。

黄斑上膜の場合…膜をとり、視力や歪みの症状を改善します。
黄斑円孔の場合…網膜に付いている硝子体を切除し、目の中に空気や膨張性のガスを入れ、気体のふくらむ力を利用して円孔が閉じるように処置します。
黄斑浮腫の場合…硝子体を切除して、内境界膜を剥離することにより網膜が眼球の内側に引っ張られる力を解除します。また、科学的物質の除去や酸素分圧を高める事でむくみを軽減します。

※医療法人社団 東京みどり会の眼科では、必要に応じて硝子体手術のできる施設を紹介しております。