蛍光眼底検査

◆TOP > 検査について > 蛍光眼底検査

蛍光眼底検査とは

網膜などの眼底の写真を撮る機械です。
網膜血管・組織は透明ですが、蛍光剤を血管内に送り込むと蛍光を発するので病的毛細血管、新生血管まで明確に血流状態を写し出す事が出来ます。そのためより精密な眼底写真を撮る事が出来ます。

蛍光眼底検査

蛍光眼底検査の撮影画像

蛍光眼底検査の撮影画像

黄斑部の広い範囲に過蛍光が見られます。
加齢黄斑変性症は、網膜の中心にある黄斑部が老化して、老廃物が蓄積されると網膜の下に新生血管が生え、視細胞の破壊や出血により視力障害を起こします。症状としては、網膜の中心部が悪くなるので、「ものがゆがんで見える」「見ているものの中心が欠けて見える」「ものがはっきり見えない」等があります。

※医療法人社団 東京みどり会の眼科では、新宿東口眼科医院にて検査可能です。